ペットも守る☆動物のための医療保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット保険の具体的保障内容

ペットを家族の1員と考えて愛でる人はたくさんいるのに、ペットのための医療保険に加入する飼い主がほとんどいないという事は、大事なペットに万が一のことが起きた時の費用は、すべて自力でまかなっているということになりますが、人間のような健康保険があるわけではないので、相当額が家計に重くのしかかっているのではないかと思われます。
そうして処理に困れば保健所行き、最後は殺傷という経路をたどってしまうのは、あまりに悲しすぎます。
法改正されるまでは免許制の損害保険会社か無認可の共済でのみ加入が可能でした。
当然ながら、無認可という事は見えないところで、何が起きていようとも、所詮泣き寝入りという厳しい現実が存在していたことは否めません。
しかし、これだけ国民の半数以上がなんらかのペットを飼うような社会となり、しかも経済効果もばかにできないとなれば、国としても放置できなくなったのでしょう。
現在はこれまでの損害保険会社以外に、一般大手の保険会社でもペット業界に参入するようになり、さらに少額短期保険制度が新たに設定され、我ら動物愛好家の選択肢が大きく増えた事は、大変良い方向へ向っていると考えても、よいかもしれません。
今後も、不景気を乗り切るための新たな戦略として、ペットのための医療保険市場が、ますますにぎわいを見せるようになることでしょう。
ところで、現実、ペットのための医療保険は、どのような保障内容になっており、また今後どのように備えていったらよいのでしょうか。
一言でいえば人間並みの保障内容であると考えていいでしょう。
仮に治療行為を受けたとして、支払った医療費全額の半分が後払いで戻ってくる定率型、支払った医療費金額を問わず、特定の金額のみ後から戻される定額型、上限を設けて払い戻しされる実績型の3つに、大きく分けることができます。
どれがお徳かということは、個人の経済状況にも寄りますので、一概にこれが良いと言うことは名言できません。
ただ、多くの医療保険を見てみると、圧倒的に犬か猫が対象です。
しかも、各保険会社により、加入できるペットの年齢制限や細かい条件を設定しているところや、加入できるペットの頭数に上限を設定しているところ、保障内容や支払い方法なども様々です。
一般的には高齢もしくはすでに医療行為を一度でも過去に受けていると言う場合は、加入を断られやすいです。
まずは資料を取り寄せてみて、しっかり内容を吟味してみることをオススメします。

注目の医療保険関連情報。このホムペが手軽で便利です

Search

Copyright (C)2019ペットも守る☆動物のための医療保険.All rights reserved.