ペットも守る☆動物のための医療保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

少額短期保険

今やペットブーム、一家に最低犬か猫か、どちらか一匹はいるのが当たり前という状況になりつつあります。
それにも関わらず、万が一のペット保険に加入しないのは、もったいないような気がします。
もっとも旧制定では、一部の損害保険会社か無認可の怪しげな共済くらいしかなく、トラブルも多かった事を思えば無理からぬことでしょう。
しかし国がやっと動いてくれて、少額短期保険業が誕生しました。
もちろん、これまで通り損害保険会社、公的共済組合も利用できますし、大手の生命保険も次々とペット業界に参入してきて、切磋琢磨で庶民に有利なサービスを次々と打ち出してくれているのは、大変ありがたいですね。
これまでかわいいペットのためにたくさんの経費をつぎ込んできた人達も、泣く泣く保健所に「お引き取り」してもらっていた人達も、これからはペット専用の医療保険を使って、思う存分ペットと過ごす時間を堪能してください。
とはいっても、業者としては経済効果を一緒に生んでくれなければ会社として成立しませんので、いろいろと細かい条件設定をしているところが、ほとんどです。
選択肢が増えた分、消費者自身も賢く保険を選べる知恵が必要になってきます。
ペット専用の医療保険の新しい顔となった少額短期保険とは、どういった保険なのか、他の保険と、どこがどう違うのかを、しっかりみておきましょう。
読んで字のごとく、ごく少額の保険金を1年更新の短期間だけ申込み受付をするシステムとなっています。
いわばペット保険の受付窓口という機能を持った企業であり、一般的な他の医療保険とは区別されることがほとんどです。
2011年度現在で、70社あまりに急増しており、従来の人間のための医療保険業者の数をついに追い越すまでに発展しました。
それだけペット医療のニーズが高い事を物語っています。
通常の保険会社も少額短期保険会社も、金融庁の監督下に置かれている事や加入者を積極的に募ることができるという点、責任準備制度があることなど共通点はいくつかありますが、保険会社は専門資格が必要なのに対し、少額短期保険は、免許がなくとも登録だけで運営できます。
ペット保険を扱うのに、人間の生命保険や損害保険も兼ねて加入出来ることと、セーフネットがないことなどを特徴として、あげることができます。
さらに業として営む場合は、1000万円までしか資本金を保有できません。
ここで誤解のないように書き記しておきますが、少額短期保険はけっしてペット専用保険と言うわけではありません。
取扱商品の1つにペット保険があるというだけなので、地震保険、生命保険、医療保険、損害保険という具合に、通常一般の生保と同じ商品も扱っています。
生保ほど商品の数がバラエティーに富んでいるわけではなく、ほとんどは1つの商品限定の運営です。
少額保険金で、この補償が欲しいというように、目的がはっきりしている人にはおススメです。

注目の医療保険関連情報。このホムペが手軽で便利です

Search

Copyright (C)2019ペットも守る☆動物のための医療保険.All rights reserved.