ペットも守る☆動物のための医療保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット保険市場と経済効果

動物と人間はアダムとイブの時代から、友達、家族、それ以上の存在として何千年、いや何億年という長い間共に生きてきました。
今、その動物が医療に果たす役割の大きさに注目が集まっています。
かつてはペット同伴での入室制限を設置していたレストランや食堂などのフード業界も犬同伴の視覚障害者の入室を歓迎する姿勢が当然のようになってきています。
人に心を閉ざす精神障害者が、動物には心を開き、愕くような治療効果が発揮されている事を、多くの専門家が報告しています。
そして、認知症の緩和ケアのみならず、ガン末期患者へのアプローチ等、医学界での動物の役割は年々拡大していっているのが、今の日本の現実の姿です。
では医療保険として見た場合はどうかと言いますと、世界と比較してみると、なんと日本の飼い主でペット保険加入率はかなり低いというデータ結果が出ている事は、とても寂しい限りですね。
その一方で、保健所に持込まれる捨て犬や捨て猫の数は年々増加傾向にあり、その半分以上が命の期限を迎え、殺傷されている事が話題となりました。
動物には当然ながら健康保険の適応はありません。
万が一の時に医療にかかる費用は家計を圧迫しています。
もしもペット保険の給付により、手軽に動物病院を利用できるようになれば、早期発見早期治療により、犬猫特有の病気の悪化を未然に防ぐ事ができます。
さらにペット保険を扱う損害保険会社や少額短期保険会社のサービスの中で、高齢化したペットのための介護費用や葬式費用まで負担してくれるものも増えています。
家計に対しての重圧を取り除くのと同時に、末永く最愛のペットとの生活を満喫できるようになるのです。
さらにペットがもたらす経済効果の大きさを語る専門家もいます。
動物好きな人の中には、ペットに何十万も経費をかけている人もいます。
ペット保険が充実してくれば、動物病院がさらに多く利用されるようになります。
犬は猫と違って風邪を引きやすく、日焼けしやすいので、夏・冬と犬の健康を維持するための必要最低限のグッズを準備してあげなければなりません。
また家猫が増えれば、当然ペットフーズも必要となるでしょう。
特に雄猫は、雌猫と比較すると尿道が狭いので、雌猫と同じ高カロリーのフードを与えていると尿道閉塞になり、命を縮める事になります。
ペットのためのサプリメントは、人間並みに高価です。
ここでも動物としての医療保険の役割が出てきます。
すなわち、ペットと人間を巡る、医療保険、アパレル、フーズ、あらゆる面での業界が潤って来ることにより大きな経済効果が生まれてくると言うわけです。
都会では、ペットのためのマッサージルームや美容院も増えてきているようです。
地方自治体では、まだまだその点、遅れを見せていますが、今後こうした業界が地方にまで拡大していく事により、日本全体の経済を動物たちがになう事になるのです。
今ペット業界は、大変熱い時代を迎えています。
まずは医療保険から、この勢いに動物を愛する者の1人として乗ってみようではありませんか。
Search

Copyright (C)2019ペットも守る☆動物のための医療保険.All rights reserved.