ペットも守る☆動物のための医療保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬・猫の病気とワクチン

犬を飼っている人なら、毎年受ける事が義務づけられている狂犬病検査とワクチン、費用も1万円以上と、けっこうな経費がかかります。
しかし狂犬病はいわゆる感染症で、人間や他の動物にも感染してしまう恐ろしい感染症なので、経費はともかく必ず年に1度は受けなければなりません。
飼い主の間で、最も認知度が高い事もあって、ほとんどの飼い主さんが検査とワクチンをかわいい愛犬のために受けてくれています。
現在、狂犬病は少なくとも日本での発生ケースは見られません。
実は、犬には他にも感染症があり、こちらも出来るだけワクチンを受けて欲しいのです。
よく知られているものとしては犬ジステンバー、犬バルボウイルス、犬伝染性肝炎、犬伝染性気管支炎、犬バラインフルエンザ、犬コロナウイルス、犬レプトスピラと、これだけあります。
いずれも嘔吐、下痢などを引き起こし、中には死にいたるものもあります。
特に犬レプトスピラは人間にも感染します。
それぞれ感染しやすい年齢や受診適期がありますので、詳細は獣医に尋ねてみましょう。
実際ワクチンを受けているのは狂犬病だけで、他はまったく無視という飼い主さんがほとんどではないでしょうか。
家計の負担を考えると、これら全部に対応するとなるとさすがに考えてしまうものがありますね。
ペット専用の医療保険では、ワクチン費用をも保障してくれるものが多いので、医療保険を上手に活用しながら、愛犬が健やかに生涯を送れるように、接種を検討してあげてくださいね。
一方猫ですが、実は猫にも無視できない感染症を持っています。
動物病院へ行くと、ワクチンの啓蒙・啓発ポスターが必ず貼ってあるので、なんとなく推測はできるかと思われます。
が、現実は、猫のワクチンはほとんど普及していません。
猫に顕著に見られる感染症は、ウイルス性鼻気管炎、通称ヘルペウイルス感染症と呼ばれている感染症です。
他、カリシウイルス、猫汎白血球減少症、通称猫バルポ、猫白血病ウイルス感染症、クラミジア感染症、猫免疫不全ウイルス感染症の6つが知られています。
通常はこれら全部をひっくるめて予防するための混合ワクチンを接種しますが、症状によって、種類がいくつかあります。
混合でなく、単体での接種も希望すれば、受けることができます。
猫の場合は、犬ほど顕著に症状が出る事もないので、あまり必要性を感じないという飼い主さんが多いかと思いますが、名前にもあるように、猫の白血病やガンなどもあります。
いつ何時、こうした恐ろしい感染症にかかってしまうかわかりません。
ペット用の医療保険なら、1部負担だけで、ワクチンを手軽に受けることができますので、まだ医療保険に加入していないという飼い主さんは、ぜひ加入していただき、ついでにかわいい愛犬・愛猫のために、ワクチンの接種を検討してみては、いかがでしょうか。
Search

Copyright (C)2019ペットも守る☆動物のための医療保険.All rights reserved.